2級FP解答解説【2016年1月】学科




当サイト掲載の過去問は、金融財政事情研究会と日本FP協会の発表を基にしております。

金融財政事情研究会≫  日本FP協会≫

2級FP解答解説【2016年1月】

解 説(学科)

ライフプランニング

問題1 FPの行為
問題2 顧客へのアドバイス
問題3 労働者災害補償保険
問題4 国民年金の被保険者
問題5 厚生年金保険の老齢給付
問題6 遺族厚生年金
問題7 確定拠出年金
問題8 国民年金基金
問題9 教育ローン・奨学金
問題10 クレジットカード

リスク管理

問題11 保険契約者保護機構
問題12 定額個人年金保険の商品性
問題13 終身保険の商品性
問題14 個人年金保険料税制適格特約
問題15 生命保険契約の経理処理
問題16 傷害保険の商品性
問題17 損害保険契約の経理処理
問題18 第三分野の保健の商品性
問題19 法人へのアドバイス
問題20 事業活動のリスク管理

金融資産運用

問題21 一般的な変動要因
問題22 預金商品の一般的な商品性
問題23 証券投資信託の基準価額
問題24 ETF(上場投資信託)
問題25 株式指標の計算
問題26 外貨建て金融商品
問題27 シャープレシオ
問題28 NISA
問題29 外貨預金の課税関係
問題30 金融商品取引法

タックスプランニング

問題31 所得税の各種所得
問題32 所得税における不動産所得
問題33 総所得金額
問題34 譲渡損失の取扱い
問題35 扶養控除の控除額
問題36 住宅借入金等特別控除
問題37 青色申告の特典
問題38 役員給与及び退職給与
問題39 消費税の非課税取引
問題40 会社と役員間の取引

不動産

問題41 不動産の登記
問題42 不動産の価格
問題43 借地借家法(借地権)
問題44 借地借家法(借家権)
問題45 開発行為・開発許可
問題46 建築基準法
問題47 区分所有法
問題48 不動産の取得に係る税金
問題49 譲渡所得に係る所得税
問題50 DCF法

相続・事業承継

問題51 贈与契約
問題52 親族等に係る民法の規定
問題53 相続時精算課税制度
問題54 配偶者の法定相続分
問題55 遺産分割
問題56 相続税の税額控除等
問題57 相続税評価額
問題58 相続税評価額の引下げ
問題59 生命保険金等の非課税規定
問題60 相続税・贈与税

勉強の息抜きに



スポンサードリンク




FP試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会 ≫
日本FP協会 ≫

総 評

合格点を取るために、大まかな問題別の難易度を示しています。各課目で6割とるための問題を選んでいます。

  • ★★★ :必ず正解したい問題
  • ★ ★ :この中から数問取りたい問題
  • その他 :頻度の低い問題、苦手科目をカバーするために取りたい問題
  1. ライフ :ほぼ例年通り。問題10のクレジットカードの問題は、教材には記載されにくい内容だが、不適切な選択肢だけ選ぶのであれば選べる内容である。ただ、クレジットカードに関する問題はよく見るため、もう少し解説の多い教材が理想か。問題7の確定拠出年金の問題も正解しにくいかもしれない。問題7、10以外の8問のうち6問得点できればよい。
    :【★★★】問題1(1問)
    /【★ ★】問題2~6、問8~9(7問中5問)
  2. リスク :ほぼ例年通り。経理処理が苦手だと、問題15、17は得点しにくいか。また、問題14の税制適格特約だけを問う問題は珍しい。簡単ではないが、演習をしっかりしていれば十分合格点は取れる。他の課目が苦手な人は、7~8点取りたい。
    :【★ ★】問題11~問題20(10問中6問)
  3. 金 融 :難しくはないが、問題21の変動要因、問題22の金融機関で扱う預金商品については最近出題が控えめだったが、選択肢の一つではなく、大問として問われている。個人的に預金商品の特徴を覚えるのに苦労した嫌な思い出しかない・・・。問題24の日経平均レバレッジ・インデックス、TOPIXインバース指数は記載のない教材がほとんどでだろう。問題28のNISAの出題頻出度は上がっている。ジュニアNISAが新しく平成28年から始まるため、次回以降も要注意である。
    :【★ ★】問題21~問題25、問題28、問題30(7問中5問)
    /【★ ★】問題26、問題27、問題29(3問中1問)
  4. タックス :ほぼ例年通り。問題38、問題40の法人に関するタックスの問題はなじみがない分得点しにくいかもしれない。「法人税」という大きな枠組みでいえば、毎回必ず出題されるため、オーソドックスな問題はしっかり得点したい。
    :【★ ★】問題31~問題37、問題39、問題40(9問中6問)
  5. 不動産 :例年通り。手元にある教材をしっかり理解し、十分な演習をしていれば得点できる問題が多い。苦手な課目だとしても6割とりたい。できれば7~8点取り、他の課目をカバーしたい。
    :【★ ★】問題41~問題50(10問中6問)
  6. 相 続 :例年通り。手元にある教材をしっかり理解し、十分な演習をしていれば得点できる問題が多い。苦手な課目だとしても6割とりたい。できれば7~8点取り、他の課目をカバーしたい。
    :【★ ★】問題51~問題60(10問中6問)