配点予想

出題形式は3種類、適語選択(A)、正誤問題(B)、計算問題(C)となっています。問題数は43問で、(A)が9問、(B)が18問、(C)が16問です。(C)のうち、小問に分かれているものは(A)や(B)と難易度は変わらないと考えていますが、計算過程を計算結果がすべて問われている問題(今回は2問)は他と比べて時間がかかり、間違える可能性も高いため、配点は高いのではないかと思われます。また、(C)で小問に分かれている問題の中でも最後の小問は、その前の計算が正しくないと正解できないため、配点が高い可能性があります。以上から配点を予想しています。これで綺麗に配点できればよいのですが、1点多かったので、問11の④のみ1点配点にしました。

2016年1月実施 個人資産

第1問 設 例 1

問1 退職後の社会保険(雇用保険・任意継続被保険者)【各1点×3】
問2 老齢厚生年金の年金額【3点】
問3 60歳以降の社会保険【各1点×3】

第2問 設 例 2

問4 投資信託の分配金【各1点×3】
問5 投資信託の特徴【各1点×3】
問6 期待収益率とポートフォリオの期待収益率【①②各1点×2、②2点】

第3問 設 例 3

問7 所得税【各1点×3】
問8 退職所得の計算【3点】
問9 総所得金額の計算【①~③各1点×3、④2点】

第4問 設 例 4

問10 不動産売買の留意点【各1点×3】
問11 所得税および復興特別所得税と住民税の合計額の計算【各1点×4】
問12 不動産取得税【各1点×3】

第5問 設 例 5

問13 公正証書遺言【各1点×3】
問14 相続税【各1点×3】
問15 相続税の計算【①~③各1点×3、④2点】