最新解説・3級学科3級個人資産2級学科2級個人資産2級資産設計3級資産設計2級生保顧客

2級FP解答解説

2016年5月実施
個人資産

第1問 設 例 1

問1 退職後の国民年金
問2 老齢厚生年金の金額
問3 老後資金の準備

第2問 設 例 2

問4 個人向け国債
問5 ETFと社債の特徴
問6 社債の利回り

第3問 設 例 3

問7 所得控除
問8 配当金に係る所得税の課税
問9 配当控除の金額

第4問 設 例 4

問10 建築基準法上の規制
問11 建築面積および延べ面積
問12 アパート経営の注意点

第5問 設 例 5

問13 相続開始後の手続等
問14 相続の仕組み
問15 相続税の総額

配点予想

出題形式は3種類、適語選択(A)、正誤問題(B)、計算問題(C)、語句補充(D)となっています。
問題数は49問で、(A)が15問、(B)が15問、(C)が18問、(D)が1問です。今回は、小問数が多く、ほぼ1点の問題と考えられますが、配点が難易度に応じて振り分けられません。よって、(A)(B)を完答2点で、
(A) 5問×2点=10点
(B) 5問×2点=10点
(D) 1問×1点=1点
残り29点を計算問題に割り振り、他の計算結果に影響する問題を2点としました。
問2④、問6①~③、問9②~④、問11②、問15②~④ 11問×2点=22点、他7問×1点=7点
※あくまで、配点の予想です。公表されませんので、参考程度にお考えください。
 
 

 

~掲載している過去問につきまして~

fp試験問題につきましては、日本FP協会並びにきんざいが公表しております内容を使用しております。実技試験につきましては、資産設計は日本FP協会、個人資産、生保顧客、損保顧客、中小企業はきんざいに著作権がございます。当サイトは、2015年8月、2017年2月に過去問の使用についての取り扱いについて確認しておりますが、何かお気づきの点がございましたら、お問い合わせください。
金融財政事情研究会のホームページへ
日本FP協会のホームページへ

 
 



Research Artisan




Research Artisan