(生保顧客)2級FP 2014年5月 問15

問 15
《問13》のケースⅢを選択した後のAさんの相続等に関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

① Dさんに加えて,孫Eさんも養子(普通養子)とすれば,相続税額の計算における法定相続人の数が増えるため,さらなる相続税額の軽減が可能となる。
② 仮に,長女Cさんが相続の放棄をした場合,長女Cさんが受け取る死亡保険金については,死亡保険金の非課税の規定は適用されない。
③ Dさんは,Aさんの実子ではないため,他の要件を満たしたとしても,Aさんからの贈与について相続時精算課税の適用を受けることはできない。

[解答] ① × ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説

(生保顧客)2級FP 2014年5月 問14

問 14
《問13》の検証結果等に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句を,下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。

「ケースⅠ~Ⅲ」では,「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定の適用を受けたものと仮定している。この規定は,原則として,相続税の申告期限までに遺産分割が行われ,配偶者が取得する財産が確定し,相続税の申告書を提出すること等により,相続税の課税価格の合計額に対する配偶者の法定相続分(この額が( ① )に満たないときは( ① ))までの配偶者の相続財産の取得に対しては,相続税が課されないというものである。仮に,相続税の申告期限までに遺産分割ができなかった場合であっても,申告期限後( ② )以内に遺産分割が行われた場合は,所定の手続により,この規定の適用を受けることができる。
なお,相続税の申告書を提出しなければならない者は,原則として,相続の開始があったことを知った日の翌日から( ③ )以内に申告書を提出しなければならない。

〈語句群〉
イ.1億2,000万円 ロ.1億6,000万円 ハ.1億8,000万円 ニ.1年
ホ.3年 へ.5年 ト.3カ月 チ.4カ月 リ.10カ月

[解答] ① ロ ② ホ ③ リ
[補足]

解答解説

(生保顧客)2級FP 2014年5月 問13

問 13
WS000175
Aさんは,Dさんを養子(普通養子)とした場合,および提案を受けた生命保険に加入した場合の効果を検証するため,下記の「ケースⅠ~Ⅲ」で納付すべき相続税額の総額を比較してみた。下記の<条件>を基に,表の空欄①~④に入る最も適切な数値を求めなさい。なお,相続開始日を平成26年5月25日と仮定して検証すること。問題の性質上,明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

<条件>
・ケースⅠは,現状のまま相続が発生した場合。
・ケースⅡは,Dさんを養子(普通養子)とした場合。
・ケースⅢは,Dさんを養子(普通養子)とし,かつ,提案を受けた生命保険に加入した場合。
・各人が法定相続分どおりに相続財産を取得したものとする。
・税額控除については,「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定のみの適用を受けるものとする。
WS000176

[解答] ① 23,000(万円) ② 8,000(万円) ③ 950(万円) ④ 1,500(万円)
[補足]

解答解説

(生保顧客)2級FP 2014年5月 問12

問 12
WS000173
Aさんの平成25年分の各種所得の金額および総所得金額を計算した下記の表および文章の空欄①~④に入る最も適切な数値を求めなさい。なお,問題の性質上,明らかにできない部分は「□□□」で示している。
WS000174

[解答] ① 2,660,000(円) ② 400,000(円) ③ 240,000(円) ④ 5,620,000(円)
[補足]

解答解説

(生保顧客)2級FP 2014年5月 問11

問 11
WS000173
Aさんの平成25年分の所得税額の計算に関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① Aさんは,上場株式の譲渡損失18万円について,非上場株式の譲渡所得の金額10万円と通算することはできないが,一定の要件を満たせば,譲渡損失の金額を翌年以後3年間繰越控除することができる。
② 妻Bさんは,青色事業専従者として青色事業専従者給与の支払を受けているため,Aさんは,妻Bさんを控除対象配偶者とする配偶者控除の適用を受けることができない。
③ 父Cさんの年齢は70歳以上であり,Aさんと同居しているため,Aさんは,父Cさんを老人扶養親族とする63万円の扶養控除の適用を受けることができる。

[解答] ① × ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説

(生保顧客)2級FP 2014年5月 問10

問 10
WS000173
所得税における青色申告制度に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句を,下記の〈語句群〉のイ~ヌのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。

事業所得,( ① )または山林所得を生ずべき業務を行う者が一定の帳簿書類を備え付け,所轄税務署長に対して青色申告の承認申請を行い,その承認を受けた場合,青色申告書を提出することができる。
青色申告者が受けられる税務上の特典として,取引の内容を正規の簿記の原則により記録し,それに基づく貸借対照表や損益計算書等を確定申告書に添付している等の一定の要件を満たす者が受けることができる最高( ② )の青色申告特別控除や,青色事業専従者給与の必要経費算入,純損失の繰戻還付,純損失の( ③ )間の繰越控除などがある。
〈語句群〉
イ.雑所得 ロ.不動産所得 ハ.譲渡所得 ニ.38万円 ホ.48万円
へ.65万円 ト.103万円 チ.3年 リ.7年 ヌ.9年

[解答] ① ロ ② ヘ ③ チ
[補足]

解答解説

(生保顧客)2級FP 2014年5月 問9

問 9
WS000171
長男Bさんは,Aさんから事業を引き継いだ場合に備えて,契約者(=保険料負担者)および死亡保険金受取人をX社,被保険者を長男Bさんとする生命保険への加入を検討している。Mさんが,長男Bさんに対してアドバイスした次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 「Bさんが亡くなったときなどに備えて終身保険(特約付加なし)に加入した場合,X社が支払う保険料は,全額を資産に計上することになります」
② 「Bさんの死亡退職金や役員退任時の役員退職金の支払に備えて長期平準定期保険(特約付加なし)に加入した後,契約途中で保険料の払込みが困難となり,払済終身保険に変更した場合,X社では特段の経理処理は必要ありません」
③ 「X社が申込者(契約者)となり生命保険契約を締結する場合,クーリング・オフ制度による申込みの撤回等はできなくなりますので,ご注意ください」

[解答] ① ◯ ② × ③ ◯
[補足]

解答解説

(生保顧客)2級FP 2014年5月 問8

問 8
X社が現在加入している生命保険を,Aさんの役員退職金に充当するために解約した場合のX社の経理処理(仕訳)について,下記の<条件>を基に,空欄①~④に入る最も適切な語句または数値を,下記の〈語句群〉のイ~ヲのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。
WS000172

[解答] ① チ ② ホ ③ ヲ ④ ロ
[補足]

解答解説

(生保顧客)2級FP 2014年5月 問7

問 7
WS000171
仮に,Aさんが役員在任期間(勤続年数)36年0カ月で引退し,X社が役員退職金として4,000万円を支給した場合,Aさんが受け取る役員退職金に係る退職所得の金額を,解答用紙の手順に従い,計算過程を示して求めなさい。〈答〉は万円単位とすること。なお,Aさんは,これ以外に退職手当等の収入はなく,障害者になったことが退職の直接の原因ではないものとする。

[解答] 1,040(万円)
[計算過程]
1.退職所得控除額
800 万円+{70 万円×(36 年-20 年)}=1,920 万円
2.退職所得の金額
(4,000 万円-1,920 万円)× 1/2 =1,040 万円

解答解説

(生保顧客)2級FP 2014年5月 問6

問 6
WS000170
Mさんは,Aさんに対して,現在加入している生命保険の特約の特徴や保障内容等についてアドバイスした。Mさんの,Aさんに対するアドバイスに関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 「リビング・ニーズ特約は,病気やケガの種類にかかわらず,被保険者の余命が6カ月以内と判断された場合に,所定の範囲内で特約保険金を請求することができる特約であり,指定した保険金額からその保険金額に相当する6カ月分の利息および保険料相当額が差し引かれた金額が支払われます」
② 「リビング・ニーズ特約を除き,現在加入している生命保険の特約は,今年更新を迎えます。現状の特約をそのまま更新した場合,傷害特約,災害割増特約,疾病入院特約,災害入院特約,成人病入院特約に係る保険料は,更新以後,介護医療保険料控除として生命保険料控除の対象となります」
③ 「Aさんが病気やケガで働けなくなり,収入が途絶えた場合であれば,所定の高度障害状態に該当しなくても,収入保障特約から給付金が支給されますので,収入保障特約は,更新を検討したほうがよいでしょう」

[解答] ① ◯ ② ◯ ③ ×
[補足]

解答解説