(協会実技)3級FP 2016年5月 問1

問1

ファイナンシャル・プランニング業務を行うに当たっては、関連業法を順守することが重要である。ファイナンシャル・プランナー(以下「FP」という)の行為に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 税理士資格を有していないFPが、確定申告書の作成について顧客から相談を受け、資料に基づき顧客の確定申告書を作成した。

    [解答解説] ◯
    確定申告書の作成は、税理士資格が必要である。

  2. 弁護士資格を有していないFPが、法律事務に関する業務依頼に備えるために、弁護士と顧問契約を締結した。

    [解答解説] ×
    行為として問題ない。

  3. 生命保険募集人資格を有していないFPが、顧客から相談を受け、生命保険証券の見方について説明をした。

    [解答解説] ×
    行為として問題ない。

[解答] 1
[補足]

解答解説