(協会実技)3級FP 2016年5月 問16

問16

徹也さんは、平成28年中にマンションを購入して、住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)の適用を受けたいと考えており、住宅ローン控除についてFPの大場さんに質問をした。所得税における住宅ローン控除に関する大場さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。なお、購入するマンションは、認定長期優良住宅等には該当しないものとする。

  1. 「住宅ローン控除の額が所得税額より多く、住宅ローン控除額に残額が生じる場合には、翌年度の個人住民税から差し引くことができます。」

    [解答解説] ◯

  2. 「給与所得者の合計所得金額が3,000万円を超えると、その年以降、合計所得金額が3,000万円以下になったとしても、住宅ローン控除の適用を受けることができなくなります。」

    [解答解説] ×
    合計所得金額が3,000万円を超える年だけ適用を受けられない。

  3. 「住宅ローン控除の適用を受けるためには、借入金の償還期間は10年以上でなければなりません。」

    [解答解説] ◯

[解答] 2
[補足]

解答解説