2級FP 2014年5月 第45問

第45問 建築基準法に基づいて、下記の2つの土地にまたがって耐火建築物を建築する場合に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載のない条件については考慮しないものとする。

WS000053

1  建築物の用途制限は、敷地面積の過半を占める第1種住居地域における規定が適用される。
2  建築物の防火制限は、敷地面積の過半を占める準防火地域における規定が適用される。
3  建築物の建ぺい率の上限は、それぞれの土地の建ぺい率を平均した70%となる。
4  建築物の容積率の上限は、それぞれの土地の容積率を平均した350%となる。

[dt_gap height=”100″ /]

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 解答解説を見る ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[dt_gap height=”100″ /]

【解答】 1