問題 45
都市計画法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 都市計画区域には、都市計画に区域区分(市街化区域・市街化調整区域)が定められていない区域がある。

    [解答解説] ○
    適切。非線引き区域という。

  2. すべての都市計画は、都道府県知事または国土交通大臣により定められている。

    [解答解説] ×
    市町村も定めている。

  3. 用途地域は、土地の計画的な利用を図るために定められるもので、住居の環境を保護するための7地域と工業の利便を増進するための3地域の合計10地域とされている。

    [解答解説] ×
    工業系は3、商業系が2地域なので、合計12地域である。

  4. 準都市計画区域は、都市計画区域内において、おおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域として指定された区域である。

    [解答解説] ×
    設問の文は市街化区域である。準都市計画区域は都市計画区域外で、将来的に市街化が見込まれ、土地利用をあらかじめ規制しておくことが望ましい地域のこと。

[解答] 1
[補足]

解答解説

≪問題44  問題46≫

2015年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit