問題 46
都市計画区域および準都市計画区域における建築基準法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 第一種低層住居専用地域内の建築物については、北側斜線制限(北側高さ制限)が適用される。

    [解答解説] ◯

  2. 防火地域内において耐火建築物を建築するときは、原則として、容積率の緩和を受けることができる。

    [解答解説] ×
    設問の緩和措置があるのは、建ぺい率である。

  3. 建築物が防火地域と準防火地域にわたる場合においては、原則として、その建築物の全部について、防火地域内の建築物に関する規定が適用される。

    [解答解説] ◯
    いわゆる「またがり」問題。防火地域は厳しい方に合わせる。

  4. 建築物の敷地が異なる2つの用途地域にわたる場合においては、その敷地の全部について、敷地の過半の属する用途地域の建築物の用途に関する規定が適用される。

    [解答解説] ◯

[解答] 2
[補足]
<「またがり」の扱い>
1 建ぺい率・容積率 :面積を按分する(加重平均する)
2 用途制限 :面積が過半を占める用途地域を適用
3 防火地域 :厳しい方に合わせる

解答解説

≪問題45  問題47≫

2016年1月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit