問題 48
不動産の取得に係る税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 印紙税においては、不動産売買契約書に貼付した印紙が消印されていない場合は、原則として、その印紙の額面金額に相当する過怠税が課税される。

    [解答解説] ◯
    適切。なお、消印されていない場合や貼付し忘れた場合でも契約書の効力が失われることはない。

  2. 登録免許税は、相続により不動産を取得した場合の所有権移転登記であっても課税される。

    [解答解説] ◯
    適切。不動産取得税は課税されないことと区別する。

  3. 不動産取得税は、原則として不動産を取得した者に対して、当該不動産の所在する都道府県によって課税される。

    [解答解説] ◯
    適切。不動産取得税は都道府県税で、登録免許税は国税である。

  4. 不動産取得税は、相続により不動産を取得した場合であっても課税される。

    [解答解説] ×
    相続による取得の場合は、不動産所得税は課税されない。

[解答] 4
[補足]

解答解説

≪問題47  問題49≫

2016年1月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit