2級FP 2014年5月 第24問

第24問 債券投資のリスクや格付けに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1  債券の発行体の財務状況などにより、利払いや償還が不履行となるリスクを、信用リスク(デフォルトリスク)という。
2  債券の格付けは、発行体が同一の債券であれば、発行時期や利率にかかわらず、常に同一の格付けが付される。
3  一般に、トリプルB(BBB/Baa)以上の格付けが付されている債券は、投資適格債券とされる。
4  債券の格付けが引き下げられた場合、一般に、当該債券と残存期間が同一である国債との利回りの差(スプレッド)は大きくなる。

[dt_gap height=”100″ /]

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 解答解説を見る ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[dt_gap height=”100″ /]

【解答】 2