2級FP 2014年 9月 第21問

為替相場の一般的な変動要因に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 日本にとってA国からの輸入額が増えることは、A国通貨に対して円安要因となる。
2 日本の投資家によるB国通貨建て金融商品への投資額が増えることは、B国通貨に対して円安要因となる。
3 日本の物価上昇率がC国の物価上昇率よりも高くなることは、C国通貨に対して円安要因となる。
4 日本銀行が実施する売りオペレーションは、他国通貨に対して円安要因となる。

解答 4

1 A国からの輸入額が増えると、A国の通貨を手に入れるため円を売るため、円の価値が低くなり、円安が進む。
2 B国通貨建て金融商品への投資額が増えると、B国の通貨を手に入れるために円を売るため、円の価値が低くなり、円安が進む。
3 物価上昇率が高くなると通貨の価値が下がる(同じ商品でも多くの金額を出さないと買えない)。日本の物価上昇率の方がC国のそれより高いということは、円の価値が低くなっていることであり、円安が進む。
4 × 売りオペ⇒通貨量の減少⇒金利の上昇⇒通貨高⇒円高

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です