2級FP 2015年5月 問題21

[vc_row][vc_column][vc_column_text]

問題 21
わが国の経済指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 国内総生産(GDP)において最も高い構成比を占める項目は、民間最終消費支出である。

    [解答解説] ○
    国内総生産(支出側)は、消費(民間最終消費・政府最終消費支出)、投資、輸出入の項目からなる。

  2. 消費者物価指数は、指数計算に採用する品目とそのウエイトについて定期的な見直しが行われている。

    [解答解説] ○
    消費者物価指数は、基準となる時点の物価を100とし、物価の変化を見る指標である。時間が経てば消費生活も変わるため、基準時を5年毎に改定している。また、ある品目の支出額がどのくらいの割合を示しているかをウエイトといい、値動きの代表性が高いものを選ぶ。

  3. 経済成長率には名目値と実質値があり、物価の変動によっては、名目経済成長率が上昇していても、 実質経済成長率は下落することがある。

    [解答解説] ○
    普通、経済が成長すれば物価も上昇する。名目経済成長率は物価の変動を加味していない。例えば、名目経済成長率が2.0%でも物価成長率が2.0%であれば、実質経済成長率は0%になる。

  4. 全国企業短期経済観測調査(日銀短観)は、金融部門から経済全体に供給される通貨量の残高を調査したものである。

    [解答解説] ×
    日銀短観は、「良い」と回答した企業の割合から「悪い」と回答した企業の割合をひいた業況判断DI(%)として集計されるものである。

[dt_gap height=”20″ /]

[解答] 4
[補足]

[dt_gap height=”30″ /]

解答解説

[dt_gap height=”50″ /]
[dt_divider style=”thick” /]

≪問題20  問題22≫

[dt_divider style=”thin” /]

2015年5月 2級FP解答解説一覧
[dt_divider style=”thick” /]
[dt_gap height=”100″ /][/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]