問題 29
わが国の預金保険制度に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 預金者が預金保険制度による保護を受けるためには、預金者自身が預金保険に加入するための手続きを行う必要がある。

    [解答解説] ×
    預金者自身は加入手続きを行う必要はない。

  2. 外貨預金は、国内銀行に預け入れたものであっても、普通預金や定期預金などの預金の種類にかかわらず、預金保険制度による保護の対象とならない。

    [解答解説] ○
    窓口ではなく、商品によって分けるので、外貨預金は預金保護制度の対象とならない。

  3. 国内銀行で購入した投資信託は、投資者保護基金による保護の対象とならず、預金保険制度による保護の対象となる。

    [解答解説] ×
    投資信託であれば、国内銀行で購入したとしても、投資者保護基金による保護の対象である。

  4. 個人事業主の場合、預金保険制度による保護の対象となる預金(決済用預金を除く)を事業用の預金と事業用以外の預金に区分し、それぞれ1金融機関ごとに元本1,000万円までとその利息等 が保護される。

    [解答解説] ×
    個人事業主の場合、事業用と事業用以外で名寄せするため、合わせて元本1,000万円までとその利息等が保護される。

[解答] 2
[補足]

解答解説

≪問題28  問題30≫

2015年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit