問題 30
金融商品取引法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 金融商品取引業者等は、金融商品取引契約の締結またはその勧誘に関して、顧客に対し、虚偽のことを告げてはならない。

    [解答解説] ○

  2. 金融商品取引業者等は、原則として、金融商品取引契約を締結しようとするときは、あらかじめ、顧客に対し、契約締結前交付書面を交付しなければならない。

    [解答解説] ×

  3. 金融商品取引法では、顧客を特定投資家と一般投資家に区分しており、顧客が特定投資家に該当する場合には、適合性の原則や断定的判断の提供等の禁止などの行為規制の適用が免除されている。

    [解答解説] ×

  4. 仕組預金や外貨預金、変額年金保険などの投資性の強い金融商品の販売・勧誘業務については、銀行法や保険業法などにより、金融商品取引法の行為規制の一部が準用されている。

    [解答解説] ×

[解答] 3
[補足]
特定投資家に対して適用が免除されているのは、書面の交付、適合性原則に基づく保険募集、重要事項説明義務とこれに係る損害賠償責任の規定である。断定的判断の提供は、「この株式は絶対に上がります」などと勧誘する行為で、特定投資家に対してであっても行ってはならない。

解答解説

≪問題29  問題31≫

2015年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit