問題 30

わが国における個人による金融商品取引に係るセーフティネットに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 国内銀行に預け入れた外貨預金は、預金保険制度による保護の対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。外貨預金は、国内銀行に預け入れたとしても、預金保険制度の対象外である。

  2. 国内証券会社が管理の委託を受けている一般顧客の外国株式は、投資者保護基金による保護の対象とならない。

    [解答解説] ×
    不適切である。一般顧客の外国株式は、国内の証券会社が管理しているものは、投資者保護基金の対象である。

  3. 国内銀行で購入した投資信託は、投資者保護基金による保護の対象となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。銀行などの証券会社以外で購入した投資信託は、投資者保護基金の対象外である。

  4. 国内証券会社で契約の申込みをした生命保険は、生命保険会社の保険契約者保護制度による保護の対象となる。

    [解答解説] ◯
    適切である。生命保険は国内の証券会社で申し込みをしても生命保険会社の保険契約者保護制度による保護の対象となる。

[解答] 4
[補足]

解答解説

[広告]



≪問題29  問題31≫

2016年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit