[vc_row][vc_column][vc_column_text]

問題 2
ライフプランニングの一般的な手法等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 給与所得者の可処分所得の金額は、給与所得の源泉徴収票の支払金額欄に記載された金額となる。

    [解答解説] ×
    可処分所得を求める際に、住民税を引くが、源泉徴収票には住民税の金額は記載されていない。

  2. 現金の収支を表すキャッシュフロー表の作成において、住宅ローンの返済額は、「前年の年間返済額×(1+物価変動率)」の算式により計算した値を記入する。

    [解答解説] ×
    住宅ローンの返済額は物価変動率を考慮しない。

  3. 現金の収支を表すキャッシュフロー表の作成において、貯蓄残高は、「前年末の貯蓄残高×(1+運用利率)±当年の年間収支」の算式により計算した値を記入する。

    [解答解説] ○
    正しい。前年末の貯蓄残高には運用利率を適用して残高に加える。

  4. 個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、不動産は取得時の価額を記入し、 預貯金や負債は作成時の残高を記入する。

    [解答解説] ×
    取得時の価額ではなく、不動産の時価を採用する。

[解答] 3
[補足]

解答解説

≪問題1  問題3≫

2015年5月 2級FP解答解説一覧

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit