[vc_row][vc_column][vc_column_text]

問題 9
住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35(買取型)に関する次の 記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 融資金利は、一律ではなく、取扱金融機関がそれぞれ独自に設定している。

    [解答解説] ○
    住宅金融支援機構が金融機関に金利の幅を伝え、その範囲で金融機関が独自に設定している。

  2. 住宅金融支援機構のインターネットサービス「住・My Note」を利用して一部繰上げ返済を申し込む場合、返済可能な金額は100万円以上である。

    [解答解説] ×
    ネット経由だと、10万円から繰り上げ返済できる。

  3. 融資対象となる一戸建て住宅は、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合し、かつ、床面積が50㎡以上の住宅である。

    [解答解説] ×
    一戸建ての床面積は70㎡以上である。なお、マンションは30㎡以上である。

  4. 融資期間は、原則として申込者が80歳になるまでの年数と35年のいずれか短い年数が上限とされているが、下限は定められていない。

    [解答解説] ×
    下限は15年である。

[解答] 1
[補足]

解答解説

≪問題8  問題10≫

2015年5月 2級FP解答解説一覧

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit