[vc_row][vc_column][vc_column_text]

問題 7
公的年金の併給調整に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 遺族厚生年金を受給している者が、65歳以降に老齢基礎年金の受給権を取得した場合、遺族厚生年金と老齢基礎年金は併給される。

    [解答解説] ○
    遺族厚生年金と老齢基礎年金は併給される
    遺族厚生年金は、
    1 亡くなった方の報酬比例の額の4分の3
    2 報酬比例の額の3分の2と受給権者の老齢厚生年金の2分の1との合計額
    1か2のどちらか多い方となる。

  2. 障害基礎年金を受給している者が、65歳以降に老齢厚生年金の受給権を取得した場合、障害基礎年金と老齢厚生年金は併給される。

    [解答解説] ○
    障害基礎年金の受給者は、老齢厚生年金や遺族厚生年金を受給できる

  3. 障害基礎年金を受給している者が、65歳以降に遺族厚生年金の受給権を取得した場合、障害基礎年金と遺族厚生年金は併給される。

    [解答解説] ○
    障害基礎年金の受給者は、老齢厚生年金や遺族厚生年金を受給できる

  4. 障害厚生年金を受給している者が、65歳以降に老齢基礎年金の受給権を取得した場合、障害厚生年金と老齢基礎年金は併給される。

    [解答解説] ×
    老齢基礎年金と障害厚生年金の併給はできない
    老齢基礎年金と老齢厚生年金
    障害基礎年金と障害厚生年金
    のいずれかとなる。

[解答] 4
[補足]障害厚生年金と老齢基礎年金は併給できない。
障害厚生年金1・2級を受給している人は、障害基礎年金(老齢基礎年金の満額)も受給している。65歳以降に老齢基礎年金を受給できるようになっても、すでに満額を受け取っているため、障害基礎年金が有利。なお、働いている期間が長ければ、障害厚生年金より老齢厚生年金の方が高くなる可能性がある。
よって、「障害基礎年金+老齢厚生年金」か「障害基礎年金+障害厚生年金」の選択となる。
また、障害厚生年金3級を受給している人には、障害基礎年金の受給権がない。「老齢基礎年金+老齢厚生年金」の方が有利になる可能性が高い。障害厚生年金3級の受給額が高くなる場合は、厚生年金保険料納付期間と国民年金保険料の納付期間がかなり短い場合のみである。
ちなみに、障害厚生年金3級には585,100円の最低保障がある。老齢基礎年金は、基準300月の納付で、780,100円(平成27年度)×300/480=487,600円である。
厚生年金と基礎年金の保険料納付期間がよほど短くない限り、障害厚生年金3級より多くなる。

解答解説

≪問題6  問題8≫

2015年9月 2級FP解答解説一覧

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit