問題 7

公的年金の遺族給付に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 遺族基礎年金を受給することができる遺族は、国民年金の被保険者または被保険者であった者の死亡の当時、その者によって生計を維持していた者で、かつ、所定の要件を満たす「子のある配偶者」または「子」である。

    [解答解説] ◯
    適切である。「子のある妻」ではなく、「子のある配偶者」であることをおさえておく。2014年4月1日から改正された。

  2. 国民年金の被保険者の死亡により、死亡一時金の支給を受けることができる者が、寡婦年金の支給も受けることができる場合は、その者の選択によりその一方のみが支給される。

    [解答解説] ◯
    適切である。死亡一時金と寡婦年金はどちらか一方の選択となる。なお、遺族基礎年金を受給していると死亡一時金は支給されない。

  3. 遺族厚生年金の額は、原則として、死亡した者の厚生年金保険の被保険者記録を基に計算した老齢厚生年金の報酬比例部分の額の3分の2相当額である。

    [解答解説] ×
    不適切である。3分の2ではなく、「4分の3」である。

  4. 厚生年金保険の被保険者である夫の死亡により、子のない40歳の妻が遺族厚生年金の受給権を取得した場合、遺族厚生年金には中高齢寡婦加算額が加算される。

    [解答解説] ◯
    適切である。中高齢寡婦加算は、40歳から65歳未満の子のない妻に支給される。

[解答] 3
[補足]

解答解説

[広告]



≪問題6  問題8≫

2016年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit