[vc_row][vc_column][vc_column_text]

問題 18
個人を契約者(=保険料負担者)とする損害保険の課税関係に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 業務中のケガに備え、個人事業主が家族等ではない従業員を被保険者として契約した普通傷害保険の保険料は、所得の金額の計算上、必要経費に算入することができる。

    [解答解説] ○

  2. 契約者が保険期間10年の積立火災保険の満期時に受け取る満期返戻金は、一時所得として所得税の課税対象となる。

    [解答解説] ○

  3. 契約者が年金として受け取る年金払積立傷害保険の給付金は、雑所得として所得税の課税対象となる。

    [解答解説] ○

  4. 契約者の配偶者が不慮の事故で死亡したことにより、契約者が受け取る家族傷害保険の死亡保険金は、相続税の課税対象となる。

    [解答解説] ×

[解答] 4
[解説]
契約者が死亡保険金を受け取っているので、所得税の課税対象となる。

解答解説

≪問題17  問題19≫

2015年5月 2級FP解答解説一覧

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit