[vc_row][vc_column][vc_column_text]

問題 18
第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 医療保険は、病気や不慮の事故による傷害等を原因とする所定の手術に加えて、正常分娩に伴う手術に対しても、手術給付金が支払われる。

    [解答解説] ×
    正常分娩の場合は支払われない。帝王切開など、正常分娩でない場合の負担増に備えて医療保険に加入する。

  2. ガン保険の入院給付金には、1回の入院での支払限度日数や保険期間を通じて累計した支払限度日数は決められていない。

    [解答解説] ○
    一般的な医療保険には支払限度日数や累計限度日数は決められているが、がんに特化したがん保険の場合、要件に合えば何度でも支給される。

  3. 特定(三大)疾病保障定期保険は、被保険者がガン、急性心筋梗塞、脳卒中のいずれかにより死亡した場合に限り、死亡保険金が支払われる。

    [解答解説] ×
    特定(三大)疾病になると、その時点で保険金が支払われる保険で、死亡保険金は、特定(三大)疾病以外でも支払われる

  4. 介護保険は、公的介護保険制度を補完するものであり、介護保険法上、公的介護保険の要介護認定基準に連動した一時金および年金の支給が義務付けられている。

    [解答解説] ×
    公的介護保険の要介護認定基準に連動しない商品もあり、義務付けられていない

[解答] 2
[補足]

解答解説

≪問題17  問題19≫

2015年9月 2級FP解答解説一覧

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit