問題 14
個人年金保険に付加する個人年金保険料税制適格特約(以下「税制適格特約」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 税制適格特約を付加するためには、年金受取人が契約者(=保険料負担者)またはその配偶者のいずれかであり、年金受取人は被保険者と同一でなければならない。

    [解答解説] ◯
    適切。

  2. 税制適格特約を付加するためには、個人年金保険契約の保険料払込期間が20年以上でなければならない。

    [解答解説] ×

  3. 税制適格特約を付加するためには、所定の特約保険料を支払わなければならない。

    [解答解説] ×
    税制上の特約なので、特約保険料はない。

  4. 税制適格特約は、中途付加することはできず、加入時に付加しなければならない。

    [解答解説] ×
    中途付加することはできる。正誤の判断ができなくても仕方がない。

[解答] 1
[補足]
<個人年金保険料控除の対象要件>
・年金受取人が契約者(=保険料負担者)またはその配偶者のいずれかであり、年金受取人は被保険者と同一であること。
・保険料払込期間が10年以上であること(よって、一時払いは対象外となる)。
・終身年金であること。又は、年金支払開始日に60歳以上の被保険者でかつ年金支払期間が10年以上である確定年金であること。

解答解説

≪問題13  問題15≫

2016年1月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit