問題 19
法人に対する生命保険の活用についてのアドバイスに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「役員の退任時に支払う退職慰労金の原資を準備したい」と考える顧客に対し、逓増定期保険の活用をアドバイスした。

    [解答解説] ◯
    逓増定期保険は、徐々に保障額が増える保険で、解約返戻金が最も高くなる時期と役員の退任時を合わせることで、退職慰労金の原資にすることができる。なお、保険料は一定である。

  2. 「経営者に万一のことがあった場合の事業保障資金の財源を確保したい」と考える顧客に対し、長期平準定期保険の活用をアドバイスした。

    [解答解説] ◯
    長期平準定期保険は、100歳満期など長期間の保障を得ることができるだけでなく、解約返戻金も多いため、退職金の準備金にすることもできる。

  3. 「従業員の定年退職時に支払う退職金の原資を準備したい」と考える顧客に対し、総合福祉団体定期保険の活用をアドバイスした。

    [解答解説] ×
    総合福祉団体定期保険は、1年毎の定期保険で、従業員が万一のときの保障を得るために加入する保険である。

  4. 「従業員の貯蓄や持家取得といった計画的な財産形成を支援したい」と考える顧客に対し、財形貯蓄積立保険の活用をアドバイスした。

    [解答解説] ◯
    適切。一般財形、財形住宅、財形年金の3種類ある。一般財形以外は、一定条件のもと、利息が非課税になるメリットがある。

[解答] 3
[補足]

解答解説

≪問題19  問題20≫

2016年1月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit