問題 20
損害保険を活用した事業活動のリスク管理に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 飲食店を営む企業が、食中毒が発生することによる売上げの減少に備えて、生産物賠償責任保険(PL保険)を契約した。

    [解答解説] ×
    火災や水害、盗難、食中毒などにより営業ができなくなることによる売り上げの減少を補償する保険は、店舗休業保険である。生産物賠償責任保険(PL保険)は、製品の欠陥などによる事故で、製造業者などが損害賠償金などを負った場合に補償する保険である。

  2. 印刷業を営む企業が、工場内の機械設備・装置が火災により損害を被った場合に備えて、機械保険を契約した。

    [解答解説] ×
    火災による損害を補償するためには、火災保険に加入する必要がある。機械保険は火災以外の機械設備の損害を補償する保険である。

  3. 家具製造業を営む企業が、労働者災害補償保険(政府労災保険)の上乗せ補償を目的に、労働災害総合保険を契約した。

    [解答解説] ◯
    適切。労働災害総合保険は、労災保険の上乗せ保険である。

  4. 遊園地を運営する企業が、遊具の点検・整備中に従業員がケガをした場合に備えて、施設所有(管理)者賠償責任保険を契約した。

    [解答解説] ×
    自社の従業員がケガをした場合なので、労働災害総合保険による上乗せ補償が適切である。施設所有(管理)者賠償責任保険は、施設の所有者や管理者が損害賠償を負ったときに保障される保険である。

[解答] 3
[補足]

解答解説

≪問題19  問題21≫

2016年1月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit