2級FP 2014年 9月 第57問

相続財産の評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 相続税法に規定する財産とは、金銭に見積もることができる経済的価値のあるすべてのものをいう。
2 財産の価額は、原則として、個々の評価単位ごとに評価され、宅地の価額は利用の単位となっている1区画の宅地ごとに評価される。
3 共有財産の持分の価額は、その財産の価額をその共有者の持分に応じて按分した価額によって評価される。
4 外貨建てによる財産や国外にある財産の価額は、被相続人がその財産を取得した時期における為替相場により邦貨換算される。

解答 4

1 適切
2 適切
3 適切
4 × 財産取得日ではなく、相続発生日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です