第52問 贈与税の配偶者控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1  配偶者から居住用不動産の贈与を受け、贈与税の配偶者控除の適用を受けるためには、贈与があっ た日において贈与者との婚姻期間が20年以上なければならない。
2  配偶者から居住用不動産の贈与を受け、贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合、贈与税の課税価 格から基礎控除と合わせて最高2,110万円を控除することができる。
3  配偶者から居住用不動産(相続税評価額1,500万円)の贈与を受け、贈与税の配偶者控除の適 用を受けた場合、贈与税の配偶者控除の限度額に満たない金額については、翌年以降に繰り越すことができる。
4  配偶者から居住用不動産の贈与を受けて贈与税の配偶者控除の適用を受け、その贈与があった日か ら3年以内に贈与者が死亡した場合であっても、贈与税の配偶者控除により控除された金額は相続 税の課税価格に算入されない。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 解答解説を見る ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【解答】 3
【解説(簡易版)】

3 配偶者控除の適用は1回だけであり、繰り越すことはできない。

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit