問題 59
土地の所有者の相続対策(相続税および贈与税の課税価格の低減)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 遊休地である宅地を青空駐車場として貸し付けることによって、その宅地は貸宅地として評価される。

    [解答解説] ×
    貸宅地とは,借地権が設定された土地のこと。借地権は,建物の所有目的として設定されるが,青空駐車場では貸宅地として扱われない。この場合,自用地の価額となる。

  2. 角地である一画地の宅地について、角地である宅地と角地ではない宅地とに分筆すれば、一体として利用していても、分筆後の評価額は一筆ごとの単位で評価される

    [解答解説] ×
    「一体」として利用していれば,その土地全体を一画地として評価される。

  3. 更地となっていた宅地に賃貸マンションを建築し、賃貸の用に供し、現実に貸し付けていれば、その宅地は貸家建付地として評価される。

    [解答解説] ○
    貸家建付地は,家を貸すために利用した土地のこと。土地所有者が自ら建物をたてる。よって、その宅地は貸家建付地として評価される。

  4. 子が、居住の用に供する宅地を親から贈与された場合、贈与税の申告の際、その宅地について「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用を受けることができる。

    [解答解説] ×
    「小規模宅地等の評価減」は相続税の規定である。

[解答] 3
[補足]

解答解説

≪問題58  問題60≫

2015年9月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit