問題 58
不動産の相続税評価額の引下げに関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

 自己が所有している宅地(更地・自用地)に賃貸マンションを建築して賃貸の用に供した場合、当該宅地は( ア )として評価される。例えば、更地(自用地)としての価額が1億円の宅地に賃貸マンションを建築し、借地権割合が60%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%とすると、当該宅地は、更地(自用地)で所有しているよりも相続税評価額が( イ )減額される。

  1. (ア)貸家建付地 (イ)1,800万円

    [解答解説] ◯

  2. (ア)貸宅地 (イ)4,000万円

    [解答解説] ×

  3. (ア)貸家建付地 (イ)4,000万円

    [解答解説] ×

  4. (ア)貸宅地 (イ)1,800万円

    [解答解説] ×

[解答] 1
[解説]
(ア)自用地にある建物を貸したときの土地を貸家建付地という。貸宅地は、借地権を設定した土地のこと。
(イ)貸家建付地=自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)=1億円×(1-60%×30%×100%)=8200万円となり、1800万円分減額されることになる。

解答解説

≪問題57  問題59≫

2016年1月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit