問題 53

贈与税の申告と納付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 贈与税の申告書の提出先は、贈与者の納税地の所轄税務署長である。

    [解答解説] ×
    不適切である。贈与者ではなく、受贈者の住所地の所轄税務署長である。

  2. 贈与税の申告書の提出期間は、原則として、贈与を受けた年の翌年の2月16日から3月15日までである。

    [解答解説] ×
    不適切である。翌年の2月1日から3月15日までとなる。

  3. 贈与税の期限内申告書に係る贈与税の納期限は、その期限内申告書の提出期限と同じである。

    [解答解説] ◯
    適切である。贈与税の納期限と申告書の提出期限は同じである。贈与を受けた年の翌年の2月16日から3月15日までである。

  4. 贈与税の納付について認められる延納期間は、最長で10年である。

    [解答解説] ×
    不適切である。延納期間は5年以内である。

[解答] 3
[補足]

解答解説

[広告]



≪問題52  問題54≫

2016年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit