問題 58

財産評価基本通達における宅地および農地の相続税評価に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 宅地の価額は、利用の単位となっている一画地ごとではなく、登記上の一筆ごとの単位で評価する。

    [解答解説] ×
    不適切である。利用の単位となっている一画地ごとで評価する。

  2. 倍率方式とは、宅地の固定資産税評価額に国税局長が一定の地域ごとに定めた倍率を乗じて計算した金額によって宅地の価額を評価する方式をいう。

    [解答解説] ◯
    適切である。倍率方式は、決められた倍率を乗じて算出する方式である。

  3. 農地の価額は、農地を純農地、中間農地、市街地周辺農地、市街地農地に区分して評価する。

    [解答解説] ◯
    適切である。農地の価額は、農地を純農地、中間農地、市街地周辺農地、市街地農地に区分されている。

  4. 市街地周辺農地の価額は、その農地が市街地農地であるとした場合の価額の100分の80に相当する金額によって評価する。

    [解答解説] ◯
    適切である。市街地周辺農地は、市街地に隣接する農地であるため宅地の価格に影響を受けやすい。そのため、市街地農地の80%として評価する。

[解答] 1
[補足]

解答解説

[広告]



≪問題57  問題59≫

2016年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit