2級FP 2014年5月 第33問

第33問 所得税における損失の繰越控除および繰戻還付に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1  純損失の金額を繰り越すことができる期間は、その損失が生じた年の翌年以降3年間である。
2  雑損失の繰越控除は、青色申告者に限り、適用を受けることができる。
3  特定居住用財産の譲渡損失の繰越控除は、青色申告者に限り、適用を受けることができる。
4  純損失の繰戻還付は、青色申告者であれば、その損失が生じた年の前年分について青色申告書を提出しているか否かにかかわらず、適用を受けることができる。

[dt_gap height=”100″ /]

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 解答解説を見る ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

[dt_gap height=”100″ /]

【解答】 1