2級FP 2014年 9月 第34問

所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 医療費控除の控除額は、その年中に支払った医療費の金額から、総所得金額等の合計額の10%相当額または5万円のいずれか低い方の金額を控除して算出される。
2 納税者と生計を一にする配偶者(66歳)が受け取っている公的年金から徴収されている介護保険料は、納税者の社会保険料控除の対象となる。
3 納税者が障害者に該当する場合のほか、納税者の控除対象配偶者や扶養親族が障害者に該当する場合にも、その納税者は障害者控除の適用を受けることができる。
4 納税者と生計を一にする大学生である子(20歳)がアルバイトをしている場合、その収入金額の多寡にかかわらず、その子は納税者の扶養控除の対象とならない。

解答 3

1 × 医療費控除は5万円ではなく「10万円」
2 × 「本人」の社会保険料控除
3 適切
4 × 生計同一で合計所得金額38万円以下

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です