[vc_row][vc_column][vc_column_text]

問題 33
所得税における損益通算に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 上場株式を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算上生じた損失の金額は、申告分離課税を選択した上場株式に係る配当所得の金額と損益通算することができない。

    [解答解説] ×
    原則、上場株式の譲渡所得の損失は損益通算できないが、配当所得で申告分離課税を選択すると損益通算することができる

  2. ゴルフ会員権を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算上生じた損失の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。

    [解答解説] ○
    正しい。ゴルフ会員権は総合所得であるが、その損失を損益通算することはできない(平成27年4月1日以降)。

  3. 賃貸アパートの土地と建物を譲渡したことによる譲渡所得の金額の計算上生じた損失の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。

    [解答解説] ○
    土地や建物の譲渡所得の損失は、損益通算することができない

  4. 不動産所得の金額の計算上生じた損失の金額のうち、その不動産所得を生ずべき土地の取得に要した負債の利子の額に相当する部分の金額は、他の各種所得の金額と損益通算することができない。

    [解答解説] ○
    不動産所得の損失は損益通算できるが、例外として、土地の取得に要した負債の利子は損益通算することができない

[解答] 1
[補足]

解答解説

≪問題32  問題34≫

2015年9月 2級FP解答解説一覧

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit