問題 35
Aさんの平成27年12月31日現在における扶養親族およびその平成27年分の収入状況が下記のとおりであった場合、Aさんの平成27年分の所得税における扶養控除の控除額として、最も適切なものはどれか。

長女(21歳の大学生):アルバイトによる給与収入金額60万円
長男(17歳の高校生):収入なし
二男(14歳の中学生):収入なし

  1. 63万円

    [解答解説] ×

  2. 101万円

    [解答解説] ◯

  3. 139万円

    [解答解説] ×

  4. 164万円

    [解答解説] ×

[解答] 2
[補足]
扶養控除は、Aさんと生計を一にし、合計所得金額が38万円以下である必要がある。この要件は全員クリアしているので、年齢と控除額を考えていく。
・長女 :21歳なので、特定扶養親族に該当し、63万円控除となる。
・長男 :17歳なので、扶養親族に該当し、38万円控除となる。
・二男 :14歳なので、いずれの扶養親族にも該当しない。
よって、合計101万円の控除となる。なお、14歳未満は子ども手当があるため、控除がない。

解答解説

≪問題34  問題36≫

2016年1月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit