問題 39

消費税の原則的な取扱いに関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、各選択肢に記載されたもの以外の要件は、すべて満たしているものとする。

  1. 消費税は、納税義務者と税金の負担者が異なる間接税である。

    [解答解説] ◯
    適切である。間接税には、酒税や印紙税、登録免許税などがある。

  2. 「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出している法人であっても、基準期間の課税売上高が5,000万円を超える課税期間については、簡易課税制度の適用を受けることができない。

    [解答解説] ◯
    適切である。簡易課税制度の適用要件は、基準期間の課税売上高が5,000万円以下であること、である。

  3. 「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出した事業者は、事業を廃止した場合を除き、原則として3年間は簡易課税制度の適用となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。消費税簡易課税制度選択届出書を提出し、簡易課税制度を選択すると、「2年間」は変更することはできない。

  4. 個人事業者の消費税の確定申告期限は、課税期間の特例の適用を受けていない場合、原則として、その課税期間の翌年3月31日である。

    [解答解説] ◯
    適切である。個人の消費税の確定申告期限は、その課税期間の翌年3月31日である。

[解答] 3
[補足]

解答解説

[広告]



≪問題38  問題40≫

2016年5月 2級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit