3級FP 2016年5月 (52)

(52)

宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地または建物の売買契約の締結に際して、取引の相手方が宅地建物取引業者でない場合、代金の額の(  )を超える額の手付金を受領することができない。

  1. 5%

    [解答解説] ×

  2. 10%

    [解答解説] ×

  3. 20%

    [解答解説] ◯

[解答] 3
[解説]
代金の額の「20%」を超える額の手付金を受領することができない

解答解説

[広告]



≪(51)  (53)≫

2016年5月 3級FP解答解説一覧