3級FP 2016年1月 (59)

(59)

自用地としての価額が1億円の宅地に賃貸マンションを建築し、貸家建付地として借地権割合が60%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%とすると、当該宅地の相続税評価額は、(  )となる。

  1. 1億円×60%×30%×100%=1,800万円

    [解答解説] ×

  2. 1億円×(1-60%)=4,000万円

    [解答解説] ×

  3. 1億円×(1-60%×30%×100%)=8,200万円

    [解答解説] ◯

[解答] 3
[補足]
 土地と建物を貸すので、借地権割合と借家権割合を使用する。借地権と借家権は借りる相手の権利なので、所有者の権利の割合は、それぞれ1-0.6=0.4、1-0.3=0.7となる。

解答解説

≪(58)  (60)≫

[広告]



2016年1月 3級FP解答解説一覧