3級FP 2016年5月 (27)

(27)

遺留分算定の基礎となる財産の価額が1億8,000万円で、相続人が被相続人の配偶者と子の合計2人である場合、子の遺留分の金額は6,000万円となる。

[解答] ②(×)
[解説]
配偶者と子が相続人なので、遺留分は法定相続分の2分の1となる。よって、
1億8,000万円×1/2×1/2=4,500(万円)となる。

解答解説

[広告]



≪(26)  (28)≫

2016年5月 3級FP解答解説一覧