3級FP 2016年5月 (29)

(29)

贈与者の死亡によって効力を生ずる死因贈与によって取得した財産は、相続税の課税対象となる。

[解答] ①(◯)
[解説]
死因贈与とは、贈与者が死亡することを条件に生ずる贈与のこと。似たようなものに遺贈があるが、遺贈は遺言によって財産を譲ること。いずれも相続税の対象だが、贈与税の対象外である。

解答解説

[広告]



≪(28)  (30)≫

2016年5月 3級FP解答解説一覧