(30)

住宅取得等資金として両親から資金の贈与を受けた場合、「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」の適用と併せて、相続時精算課税制度の適用を受けることはできない。

[解答] ②(×)
[解説]
「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税」は、住宅の質や期間によって非課税限度額が異なるが、一定額が非課税になる。この特例と、相続時精算課税制度を併用することができる。

解答解説

[広告]



≪(29)  (31)≫

2016年5月 3級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit