(56)

贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が( ① )以上である配偶者から居住用不動産の贈与または居住用不動産を取得するための金銭の贈与を受け、一定の要件を満たす場合、贈与税の基礎控除額とは別に( ② )を限度として控除できるものである。

  1. ① 10年 ② 2,500万円

    [解答解説] ×

  2. ① 20年 ② 2,000万円

    [解答解説] ◯

  3. ① 20年 ② 2,500万円

    [解答解説] ×

[解答] 2
[解説]
贈与税の配偶者控除は、2,000万円までの贈与が非課税になり、基礎控除額の110万円とは別枠で利用できる。基礎控除額と合わせると2,110万円の非課税枠となる。要件としては、婚姻期間が20年以上必要である。

解答解説

[広告]



≪(56)  (57)≫

2016年5月 3級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit