(60)

平成27年中に開始した相続において、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」により、特定事業用宅地等に係る本特例の適用対象面積は、( )までの部分である。

  1. 200㎡

    [解答解説] ×
    200㎡は、貸付事業用宅地等に対する限度面積である。要件に合えば、50%の減額割合となる。

  2. 330㎡

    [解答解説] ×
    330㎡は、特定居住用宅地等に対する限度面積である。要件に合えば、80%の減額割合となる。

  3. 400㎡

    [解答解説] ◯
    適切である。要件に合えば、80%の減額割合となる。

[解答] 3
[補足]
「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」は、土地の面積が大きくなければ、土地の価値を減額して、相続税の計算をしてあげましょう、というものです。分かりにくいかもしれませんが、80%の減額割合というのは、20%分の価値でいいですよ、ということです。改正により、使いにくくなりましたが。

解答解説

[広告]



≪(59)  (60)≫

2016年5月 3級FP解答解説一覧

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit