3級FP 2016年1月 (50)

(50)

生命保険契約において、契約者(=保険料負担者)および保険金受取人がAさん、被保険者がAさんの配偶者である場合、Aさんの配偶者の死亡によりAさんが受け取る死亡保険金は、(  )の課税対象となる。

  1. 贈与税

    [解答解説] ×

  2. 相続税

    [解答解説] ×

  3. 所得税

    [解答解説] ◯

[解答] 3
[補足]
 保険料を払っているのはAさんで、Aさんが受け取ることになるので、所得税となる。お金(保険料)の流れを考え、負担者が亡くなっているかどうかで判断する。例えば、受取人がAさんの子である場合、Aさんは生存しているので贈与税となる。

解答解説

≪(49)  (51)≫

[広告]



2016年1月 3級FP解答解説一覧