3級FP 2016年5月 (16)

(16)

法律上の納税義務者と実際に税金を負担する者が異なる税を間接税といい、間接税の例の1つとして、消費税が挙げられる。

[解答] ①(◯)
[解説]
適切である。間接税は、他に酒税やたばこ税、登録免許税などがある。

解答解説

[お知らせ]
3級FP講座

≪(15)  (17)≫

2016年5月 3級FP解答解説一覧