3級FP 2016年5月 (18)

(18)

勤続年数が20年を超える者が退職手当等を受け取る場合、所得税において、退職所得の金額の計算上、退職所得控除額は、40万円にその勤続年数を乗じた金額となる。

[解答] ②(×)
[解説]
20年を超える場合は、70万円に勤続年数を乗じる。
20年超 800万円+70万円×(勤続年数-20年)
20年以下 40年×勤続年数

解答解説

[お知らせ]
3級FP講座

≪(17)  (19)≫

2016年5月 3級FP解答解説一覧