加給年金の要件

      厚生年金の被保険者期間が20年以上、配偶者は20年以上の被保険者期間がある厚生年金を受け取っていないこと。

     ※配偶者は、被保険者期間が20年未満、20年以上でも受け取っていなければこの条件はクリア、ということです。

      配偶者より年上であること
      配偶者が65歳未満であること
      定額部分を受け取っていること

     ※1階部分と2階部分がセットになったときに支給されるということです。

振替加算の要件

      厚生年金の被保険者期間が20年未満、配偶者は厚生年金の被保険者期間が20年以上あること。
      配偶者が65歳以上であること
      昭和41年4月1日以前生まれであること

     ※なお、加給年金を配偶者が受け取っていなければ、振替加算は支給されない、わけではない。妻が年上の場合は加給年金が支給されないが、夫が65歳になると妻に振替加算が支給される。しかし、この場合、裁定請求が必要となる(窓口で教えてくれないと、請求しないですよね~)。

障害基礎年金、障害厚生年金どちらから支給されるか

 初診日に加入した制度から支給される。
 ※なお、初診日から1年6ヵ月経過した時点で障害等級に該当するか判断します。

退職したら遺族厚生年金はもらえないか

 在職中(厚生年金加入中)の病気やケガで、初診日から5年以内なら支給されます。

老齢年金の繰上げ受給

      老齢年金の繰上げ受給で複雑なのは、段階的引き下げ実施中の年代。この年代は、女性のS29.4.1生まれまで。
      上記以降は、つまり、65歳から老齢年金を受給する世代は単純。繰上げ受給は、老齢基礎年金と老齢厚生年金合わせてしかできない。
      なお、繰下げ受給は、老齢基礎年金と老齢厚生年金それぞれ別にできる。

中高齢寡婦加算の要件

      夫の死亡時に、夫によって生計維持されていた妻である。
      夫の死亡時に妻が40歳以上、または、40歳時に遺族基礎年金の支給対象となる子がいる。
      夫の厚生年金被保険者期間が20年以上である。老齢厚生年金の受給権をもつ中高齢特例の人は、20年未満でも可。
Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit