(個人資産)2級FP 2014年1月 問14

問 14
Aさんの相続に関する次の記述①~③について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 仮に,Aさんの相続により妻Bさんが自宅の敷地(宅地)のすべてを取得した場合,妻Bさんはその敷地(宅地)を相続税の申告期限までに売却したとしても,「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の適用を受けることができる。
② 仮に,Aさんの遺言により,妻BさんがAさんの財産のすべてを取得した場合,姉Dさんおよび甥Eさんは,妻Bさんに対して遺留分の減殺請求をすることができる。
③ Aさんの相続に係る相続税の課税価格の合計額を4億円と仮定した場合,妻Bさんは「配偶者に対する相続税額の軽減」の適用を受けることにより,1億6,000万円までの取得について相続税がかからず,それを超える取得については相続税を納付する。

[解答] ① ◯ ② × ③ ×
[補足]

解答解説