(個人資産)2級FP 2017年1月 問4

《設 例》
会社員のAさん(52歳)は、昨年、現金6,000万円を相続した。Aさんは、その資金の一部で、特定口座を利用して投資信託を購入することを検討している。そこで、Aさんは、興味を持っているX投資信託およびY投資信託について、証券会社に勤務するファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。X投資信託およびY投資信託に関する資料等は、以下のとおりである。
〈X投資信託に関する資料〉
・公募株式投資信託
・追加型/国内/債券
・主な投資対象 :国内の投資適格債券
・信託期間 :無期限
・決算日 :毎年3月20日
・購入時手数料 :なし
・運用管理費用(信託報酬) :年1.08%(税込)
・信託財産留保額 :なし
〈Y投資信託に関する資料〉
・公募株式投資信託
・追加型/国内/株式
・主な投資対象 :国内の企業のなかで、技術革新に積極的に取り組む
企業の株式
・信託期間 :無期限
・決算日 :毎年6月15日
・購入時手数料 :購入時の基準価額に対して3.24%(税込)
・運用管理費用(信託報酬) :年1.62%(税込)
・信託財産留保額 :換金時の基準価額に対して0.32%

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問4
Mさんは、Aさんに対して、X投資信託およびY投資信託について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~④に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~ルのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

ⅰ)「投資信託を選ぶ際には、Aさんの投資目的やリスク許容度に合致したものを選択することが重要です。X投資信託は、一般に投資適格とされている( ① )格以上の債券を主な投資対象としているため、信用リスクは相対的に低いと考えられます。なお、信用リスクが相対的に低いと考えられる投資信託であっても、市場の情勢により価額が大きく変動する可能性がありますので、注意が必要です」
ⅱ)「投資信託の運用パフォーマンスを評価する方法として、シャープ・レシオがあります。X投資信託およびY投資信託の過去5年間の運用パフォーマンスをシャープ・レシオで評価した場合、X投資信託のシャープ・レシオは( ② )、Y投資信託のシャープ・レシオは( ③ )となります。したがって、過去5年間の運用パフォーマンスをシャープ・レシオで比較した場合は、( ④ )のほうが評価が高いということができます」

〈語句群〉
イ.トリプルB(BBB/Baa) ロ.トリプルC(CCC/Caa)
ハ.ダブルC(CC/Ca) ニ.0.4 ホ.0.5 ヘ.0.6 ト.0.75
チ.1.5 リ.2 ヌ.X投資信託 ル.Y投資信託

[解答] ① イ ② ニ ③ ヘ ④ ル
[解説]
シャープ・レシオは、「(ポートフォリオ収益率-安全資産利子率)÷標準偏差」で求められる。また、数値が高いほど効率よく運用していたと判断できる。
X投資信託:(5-1)÷10=0.4
Y投資信託:(10-1)÷15=0.6

解答解説