問 13
WS000140
相続開始後の手続等に関する以下の文章の空欄①~④に入る最も適切な語句を,下記の〈語句群〉のイ~ヲのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。
ⅰ)Aさんが作成していた公正証書遺言は,証人( ① )以上の立会いのもと,遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し,公証人がこれを筆記して作成されるものであり,作成された遺言書の原本は( ② )に保管される。この方式による遺言は,被相続人の相続開始後に検認の手続が不要である。

ⅱ)相続人は自己のために相続の開始があったことを知った時から原則として( ③ )以内に,その相続について単純承認,限定承認または放棄のいずれかを選択しなければならない。また,相続税の申告義務を有する者は,遺産が分割されたか否かにかかわらず,その相続の開始があったことを知った日の翌日から原則として( ④ )以内に,相続税の申告書を納税地の所轄税務署長に提出しなければならない。
WS000141

  1. [解答解説] ロ

  2. [解答解説] ヘ

  3. [解答解説] チ

  4. [解答解説] ヲ

[解答] ① ロ ② ヘ ③ チ ④ ヲ
[補足]

解答解説

≪問12  問14≫

2015年1月 2級FP解答解説一覧(個人資産)

Leave Comment

メールアドレスは公開されません。 *は必須です。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

clear formSubmit